上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつから石が好きだったのか?を考えてみました。

たしか、小学校に入る前。 家にあった百科事典を見て、かな??

昔は、家庭で百科事典セット(我が家は10冊。)を買うのが流行っていたらしいです。
(今は図書館にあるくらいでしょうか。今となってはCD1枚に入ってしまいますね)

この百科事典、勉強科目は面白くないのですが、1冊だけ「趣味」という本があり、
例えば「カメラ」だったら、「一眼レフカメラのファインダーからレンズの中の映像が
見える仕組みの図」「現像液の調製のしかた」などなど、マニュアル時代の貴重な
基本情報が満載でした。

その本の「宝石」というページに、大きく誕生石の写真(カット後の宝飾品・原石)が
載っていました。写真が美しくて、ず~~っとそのページばかり見ていました。

その次のページは今でも暗記しています。
「諏訪から丸子町行きのバスに乗って……沢に下りて砂利をすくい、水で洗うと、
ぴかっと光る石があります。それが、ガーネットです。

のちに社会人となってから、この文章を頼りに長野県へ出かけ、実際に自分で
ガーネットを採取したことが、今に続く「始まり」だったと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。